WORKS

TOPWORKS > テンポイントの定期セミナー開催報告 第4回『成人の発達理論から学ぶリーダーシップ』

キャリアテンポイントの定期セミナー人材育成

2022.8.10

テンポイントの定期セミナー開催報告 第4回『成人の発達理論から学ぶリーダーシップ』
開催日
8月5日実施(定期開催/月2回 隔週金曜日14時~15時半)
開催・導入趣旨

弊社は『中小企業の人手不足対策を行い、企業利益を創出する』というミッション(理念)を掲げています。人材不足というと、採用支援のイメージがありますが、それだけでは限界があります。 採用支援だけでなく、組織の【人】に関するお悩みを相談でき、解決につなげられる拠り所として、定着支援・人材育成・未来の組織づくり・評価制度・働き甲斐のある組織づくり等の専門家としてご縁を頂いている企業様のサポーターでありたいと願っています。 その中で、今回は「成人の発達理論」を取り上げ、知性と意識がどのように発達をとげるか?それが組織づくりの要である管理職やリーダー職にどのように影響をもたらすか?という事を明確にして頂ける内容となっています。

企業の様子

【参加者の方アンケート】  ・自分の発達段階がリーダーとして求められている段階に届いていないのでは?とハットさせられた。自分の発達段階をあげるためにはどうやればいいか?が少しわかったような気がする。  ・今日学んだ成人の発達理論の話を、社員へ伝えてみようと思った  ・自分の発達を振り返りながら説明を聞く事が出来てとても分かりやすかった。

研修の効果

・労働人口減少時代(人口オーナス期)に求められるリーダー像を理解できた

・発達段階が上がる事によって、リーダーや組織がどのように成長できるか?が良く分かった

・成人の4つ発達段階の特徴の説明とリーダーに求められている段階4とはどのようなものか?理解できた

 

内容

・「成人発達理論」は、「知性発達理論」「意識発達理論」という呼ばれ方もします。

成人してからの「知性」「意識」の発達を考える理論

・視野の拡大心が成長して視野が拡大していけば、「部下育成」や「部下とのコミュニケーション」の問題が解決される。

日本ではあまり知られていませんが、欧米ではかなり知られた理論である

・視野=「人それぞれ固有価値観の「レンズ」を持つところから見ている

人間としての「器」・「人間力」と呼ばれる部分の成長をロジカルに理解

・成長には「水平的な成長」と「垂直的な成長」の2種類がある

・水平的な成長とは、知識やスキルを獲得するような量的な成長のこと

・垂直的な成長とは、人間としての器自体が広がって、認識の枠組みが変化し、人間性が深まっていくような質的な成長

 

次回は8月23日(火)14時~15時半   「ローパフォーマー対策」

 

です。耳だけ参加の方もお待ちしています。

 

 

今後の開催予定はこちらからお申込みできます↓

https://sites.google.com/view/tenpoint-seminar/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

 

先生との気軽なおしゃべりもやってます。

  • ●採用支援
    (人材要件の策定・求人票の作成)
    ●人事評価制度の策定・運用支援
  • ●社員研修(承認研修・持ち味研修)
    ●就業規則の作成・改定
    ●勤怠システムの導入支援
  • ●確定拠出年金の導入支援
    ●組織の健康度調査
    ●各種コンサルティング
    (労働時間短縮・採用・定着・ハラスメント・健康経営)

その他、人材に関する様々なご相談に対応させていただきます。

全力でサポート致します。お気軽にご相談ください。

相談無料

静岡県全域対応

ツイッター Facebook インスタグラム