人材コラム

TOP人材コラム > 事業再構築補助金

人事労務情報
2021.2.2
助成金
補助金

事業再構築補助金

令和3年1月28日に、新型コロナウイルスの感染拡大防止策や経済回復に向けた取り組みなどを加速するための経費を盛り込んだ令和2年度第3次補正予算が参院本会議で可決、成立しました。

中小企業への支援部分をみてみると、大きな予算がとられているものが2つあります。

  • 民間金融機関を通じた資金繰り支援(1兆8,980億円)
  • 中小企業等事業再構築促進事業(1兆1,485億円)

これから、国は、資金繰り支援と事業の再構築を支援していく姿勢であることが分かります。

資金繰り支援については、新型コロナウイルス対策では当初より行われている施策ですが、事業の再構築については、今までにはなかった支援内容になりますので、こちらを解説します。

事業目的にもあるように、国は、ビジネスモデルの転換を求めています。
端的に言えば、コロナ渦でも、利益を出せる事業を始めて欲しいということです。
今まで、雇用調整助成金や持続化給付金等の施策により、既存ビジネスの維持を図ってきました。
ところが新型コロナウイルス感染症の影響が今後、どこまで長期化するのか分からない中、
既存ビジネスの維持では限界にきていると判断、雇用調整助成金等の施策は、今後、どんどん縮小していくと考えられます。
もともと雇用調整助成金は、1年間しか使えない制度であり、補助率や上限等の特例措置もなくなっていくことが想定されます。
新規事業分野への進出等の新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援していく。
国も、本気で、1兆1,485億円もの予算を組んでいます。
補助率も、通常枠で、最大6,000万円、補助率3分の2ですから、9,000万円使用し、6,000万円の補助を受けられる計算になります。

 

公募開始は、3月とのことなので、それまでに、GビズIDを取得したり、事業計画をざっくりと練っておくなどの対応をされると良いでしょう。

 

お問い合わせフォームは、こちらから

人材コラム掲載以外の人事労務情報は、メールマガジン配信にご登録ください。

ご登録はこちらから

  • ●人材紹介
    ●採用支援
    (人材要件の策定・求人票の作成)
    ●人事評価制度の策定・運用支援
  • ●社員研修(承認研修・持ち味研修)
    ●就業規則の作成・改定
    ●勤怠システムの導入支援
  • ●確定拠出年金の導入支援
    ●組織の健康度調査
    ●各種コンサルティング
    (労働時間短縮・採用・定着・ハラスメント・健康経営)

その他、人材に関する様々なご相談に対応させていただきます。

全力でサポート致します。
お気軽にご相談ください。

相談無料

静岡県全域対応